ここまで来た住宅メーカー

日本が誇る高い耐震技術

地震大国である日本では地震に強い丈夫な家づくりが行われており、技術の発達に伴い高い耐震性を誇る住宅を建てることが可能となっています。ここでは日本の住宅メーカーが誇る耐震技術についてご説明します。住宅メーカーによってそれぞれ特徴や違いがあるものの、地震の時の瞬間的なタテ揺れや負荷に耐えられるような耐震性能が備わっています。タテ揺れの負荷を柱が支え、横揺れによって加わる水平方向の力は最新の耐震パネルが受け止めてくれるのです。また、振動によって抜けることがないようボルトが設置されており、巨大地震といわれる震度6から7の揺れにも耐えることができる住宅をつくることができます。注文住宅では高い性能を誇る家づくりが可能となっています。

短時間で建設可能なシステム

かつて住宅を建てるとなるとかなり長い時間をかけなければ完成しないため、大変労力を必要としました。しかし現在では様々な手法やシステムが導入されており、注文住宅でも短時間で住宅を建てることが可能となっています。ここでは施工期間を早くするためのポイントをご紹介します。まず最初にあげられるのが、自社の工場である程度組み立てを行い、運んだ後に仕上げを行うという方法があります。この場合、天候に左右されることがなく建設の遅れも発生しにくくなっています。次にオプションから選択するシステムがつくられているということです。一からすべてを選択するのではなく、好みのものを決まった中から選択することで材料調達や打ち合わせの時間を短縮することが可能となったのです。このように昨今の住宅メーカーは驚くほど短時間で住宅を完成させることができます。

住まいを購入する時には、新築一戸建てを選ぶのが理想的です。フリープランの物件であれば、間取りや設備も自由自在に選べます。