スムーズに進む業者選び

注文住宅は自由な設計が面白い!

注文住宅の最大の利点は、自分の好きなように家のデザイン設計が行えることです。例えば、統一されたオシャレな雰囲気の家が作りたい、大きなリビングで家族とのふれあいを実感できる家にしたい、など自分の要望を家の設計に反映させることが可能です。注文住宅とよく対比される建売住宅は既に家が出来上がっているため自由度が低くなりがちです。理想的な家が具体的にイメージ出来るのであれば注文住宅の方が結果的には満足できると言えるでしょう。また注文住宅は予算の調整も行いやすいのが特徴です。こだわりがある部分には費用をかけて、あまりこだわりのないところには安価で済ます、ということも可能です。家の設計を1から考えられることが注文住宅の面白さです。

どの業者を利用すべき?

それでは注文住宅で理想的な家を作り上げるためには、どのような業者に依頼すればよいのでしょうか。業者を選ぶ前にまずは自分が理想とする家の系統を把握しましょう。家と一言で言っても様々なものがあり、業者によっても得意とする家の系統が異なります。自分の家の系統を明確にし、その上でそれに適した業者をいくつか見つけ出します。その上で、それぞれの業者の過去の実績を確認し、最終的な決定材料とするのがオススメです。また注文住宅は自由度の高さから、完成後にイメージと違った、ということがよくあります。そのためにも完成前から具体的にイメージが行える工夫をしている業者を選びましょう。最近では3D模型やイメージ映像を作ってくれる業者もあり、これらを活用することで完成後のギャップを少なくすることが出来ます。